本文へスキップ

2020.03.05

実体経済への貢献を求められる金融セクター

『ITI調査研究シリーズ No.97』 2020年2月号(一般財団法人 国際貿易投資研究所(ITI))に掲載

  • 岡嵜 久実子
  • 研究主幹
    岡嵜 久実子
  • [研究分野]
    中国経済・中国金融制度

 一般財団法人・国際貿易投資研究所(ITI)の平成31年度中国研究会「第4次産業革命期下における中国経済の可能性と課題」に参加し、報告書の一部「第4章 実体経済への貢献を求められる金融セクター」を執筆しました。


要旨

 中国経済は改革開放政策に舵を切った後、高度成長を続け、遠くない将来に高所得国に移行する姿もみえかけている。ただし、経済成長速度が低下傾向を辿る中で、富の配分、環境、保健衛生、教育などの面で抜本的な解決が待たれる問題が残っているうえ、2025年には「高齢社会」に突入することが予想されている。他方、中国にも第4次産業革命の波に積極的に乗ろうとしている企業は数多くあり、中には世界トップ水準の実力を示しつつある企業も生まれている。

 そうした状況下、これまで経済成長に大きく貢献してきた同国の金融部門も、解決が急がれる課題(過剰債務問題の解消、市場メカニズムの一段の導入、民営中小企業へのサービスの提供等)を抱えている。ユニークな成長がみられるフィンテックの技術等も活用し、経済の新たな発展段階にふさわしいサービスの提供ができる制度の構築が求められている。


詳しくは、ITI調査研究シリーズNo.97をご覧ください。(外部のサイトに移動します)

岡嵜 久実子 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

岡嵜 久実子 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる