本文へスキップ

2019.03.26

CIGSセミナー 「U.S.- China Politico-Economic Relations under the Treacherous Global Circumstances」- 講演要旨・質疑応答要旨

  • 栗原 潤
  • 研究主幹
    栗原 潤
  • [研究分野]
    米国情報・ネットワーク

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2018年10月9日に、Harvard Kennedy Schoolからアンソニー・セイチ氏とエドワード・カニンガム氏を招き、CIGSセミナー 「U.S.- China Politico-Economic Relations under the Treacherous Global Circumstances」を開催しました(モデレーター:栗原潤研究主幹)。これは同セミナーの「講演要旨・質疑応答要旨(日本語)」です。



開催趣旨
Currently, Washington and Beijing are in the middle of searching new normal conditions for their politico economic relations. Especially, policymakers and business leaders in the world are concerned about the two countries' domestic politics, and their policies toward trade and security, and energy and global climate.
The two Harvard scholars, Anthony Saich, Professor of International Affairs and Director of the Ash Center for Democratic Governance, and Edward Cunningham, Adjunct Lecturer at the Harvard Kennedy School, will address a Japanese audience at the CIGS on these issues from an American perspective.

→「講演要旨」「質疑応答要旨」全文を読む
アンソニー・セイチ氏 講演要旨PDF:336KB
エドワード・カニンガム氏 講演要旨PDF:246KB
質疑応答要旨PDF:360KB

→同セミナーのイベント開催報告はこちら
CIGSセミナー "U.S.- China Politico-Economic Relations under the Treacherous Global Circumstances"

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

栗原 潤 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる