本文へスキップ

2019.02.01

ミハイル・ハジン セミナー 「世界経済発展の諸問題について ‐ ロシアから見た量的緩和などの欧米諸国の金融政策の評価 ‐」 講演要旨・質疑応答

  • 小手川 大助
  • 研究主幹
    小手川 大助
  • [研究分野]
    海外情報・ネットワーク

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2018年11月14日に、Mikhail Khazin Economic Research FoundationのPresidentであるミハイル・ハジン氏を招き、セミナーを開催しました(モデレーター:小手川大助研究主幹)。これは同セミナーの「講演要旨・質疑応答(日本語)」です。



発表概要
(1) 発展の基礎モデルとしての米ドルの量的緩和
(2) 市場の拡大と負債の増大
(3) 2008年の金融危機と量的緩和による対応策の効果
(4) 構造危機とドル体制(ブレットン・ウーズ)の崩壊に関わる諸問題。新しい通貨圏


→「講演要旨」「質疑応答」全文を読む
講演要旨PDF: 287KB
質疑応答PDF: 211KB

→同セミナーのイベント開催報告はこちら
ミハイル・ハジン セミナー 「世界経済発展の諸問題について ‐ ロシアから見た量的緩和などの欧米諸国の金融政策の評価 ‐」

小手川 大助 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

小手川 大助 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

海外情報・ネットワーク その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる