本文へスキップ

2013.09.26

資本生産性は倍増できる

月刊資本市場 2013年9月号掲載

  • 研究主幹 小林 慶一郎/
    「山を動かす」研究会 中神 康議

まえがき

 日本の株式市場における資本生産性の低さは世界の中で際立っている。資本生産性を上げるためにはどうすればいいのか。本特集では、三つの連続した論文でこの問題を考察する。三つの論文の執筆者(中神、小林、上田、杉浦、堀江)は『山を動かす』研究会という私的な研究会で、我が国の資本生産性を向上させるための株式市場改革について議論している。三つの論文は我々の研究会での議論の中間報告である。一風変わった研究会のタイトルは、我が国企業の資本生産性分布の「山」(詳しくは本論文中で論じる)を低生産性から高生産性の位置に動かさなければ、国民の老後資金が適正なリターンを享受できず、したがって国富が細っていくという危機感を表したものである。

 以下、第一論文では問題の構造把握と改革フレームワークの提示、第二論文では世界各国でのアプローチの研究、第三論文では我が国の市場に向けた政策提言を論じることとする。・・・


全文を読む→
資本生産性は倍増できる


<関連論文>

企業価値向上の観点からのコード(原則)の活用~各国の取組みと日本への示唆~

月刊資本市場 2013年9月号掲載

 日本投資環境研究所 主任研究員 上田 亮子
 みずほ証券経営調査部 上級研究員(京都大学経営管理大学院特別教授) 杉浦 秀徳


日本の上場企業の資本生産性向上に向けた提言

月刊資本市場 2013年9月号掲載

 野村総合研究所 上席研究員 堀江 貞之
 みずほ証券経営調査部 上級研究員(京都大学経営管理大学院特別教授) 杉浦 秀徳


コラム・論文一覧へもどる