本文へスキップ

「『核の忘却』の終わり」

「『核の忘却』の終わり」

  • 第3章執筆/ 神保 謙 編著/ 秋山 信将、高橋 杉雄
  • 出版社 勁草書房
    ISBN 978-4-326-30280-2
    価格 本体3,800円+税
    発行 2019年6月初版


    内容説明


     かつてオバマ前米国大統領は核廃絶を唱え、専門家の間でも「核の忘却」が語られた。しかし近年、核兵器は復権しつつある。しかも地域や相手によって異なる認識枠組みが必要だ。本書では米中ロや欧州・南アジアそれぞれの核戦略、サイバーセキュリティと核兵器、核兵器による「世界の分裂」、そして日本にとっての核抑止を論じる。

     当研究所の神保謙主任研究員は、第3章『中国――「最小限抑止」から「確証報復」への転換』を執筆しました。


    目次


  •   はじめに

  •   序章 「核の復権」の現実[高橋杉雄・秋山信将]
         1 核をめぐる二つの知的方向性
         2 核兵器の「復権」
         3 本書の論点

  •   第1章 米国――核抑止戦略の再構築[高橋杉雄]
  •    はじめに
    1.    1 冷戦期の核戦略をめぐる戦略的前提
         2 冷戦終結と核戦略をめぐる前提の変化
         3 プラハ演説から「核の復権」へ
         4 核兵器「復権」後の核戦略の課題
  •    おわりに

  •   第2章 ロシア――ロシア版「エスカレーション抑止」戦略をめぐって[小泉悠]
  •    はじめに
    1.    1 宣言政策と運用政策
         2 「非対称戦略」としてのロシアの核ドクトリン
         3 核戦力整備の実際
  •    おわりに

  •   第3章 中国――「最小限抑止」から「確証報復」への転換[神保謙]
  •    はじめに――「非対称な均衡」の維持か脱却か
    1.    1 中国の核戦力――「最小限抑止」から「確証報復」へ
         2 米中の核関係――暗黙の「戦略的安定性」の形成
  •    おわりに

  •   第4章 NATO――「核の忘却」の終焉?[戸﨑洋史]
  •    はじめに
    1.    1 在欧戦術核撤去問題――1991~2012年
         2 対ロ抑止態勢の強化――2013~2016年
             3 トランプ政権とNATO――2017~2018年
             4 核態勢強化と脅威低減の課題
          1.    おわりに

          2.   第5章 インド・パキスタン――「抑止のための兵器」の20年[栗田真広]
          3.    はじめに
            1.    1 パキスタンの核戦略・核態勢
                 2 インドの核戦略・核態勢
                 3 「核戦争遂行」との距離
          4.    おわりに――抑止の安定性をめぐって

          5.   第6章 核管理とサイバーセキュリティ[土屋大洋]
          6.    はじめに――サイバー戦場の霧
            1.    1 サイバースペースと情報技術
                 2 ハイブリッド戦争と戦略的安定性
                 3 堅牢なシステムの追求

          7.   第7章 「秩序の兵器」としての核と分裂する世界[秋山信将]
          8.    はじめに――核と国際政治を考えるための枠組み
            1.    1 核兵器の存在を規定する要因
                 2 「秩序の兵器」としての核
                 3 核兵器をめぐる新たな国際環境
                 4 核と道徳性――核をめぐる世界の分断
          9.    おわりに

          10.   終章 日本――世界で最も厳しい安全保障環境下での核抑止[高橋杉雄]
          11.    はじめに
            1.    1 拡大抑止に関する日本の宣言政策
                 2 北朝鮮に対する抑止
                 3 中国
          12.    おわりに

          13. (勁草書房ホームページより引用)

    出版物一覧へもどる