本文へスキップ

「経済学は何をすべきか」

「経済学は何をすべきか」

  • 著者 小林 慶一郎 他 岩井 克人、鶴 光太郎、中神 康議、矢野 誠、大橋 弘
  • 出版社 日本経済新聞出版社
    ISBN 9784532355937
    価格 本体1,800円+税
    発行 2014年2月初版

     日本を代表するエコノミストたちが未曾有の危機の真実に迫る! 市場に任せることの危うさをケインズは予知していた、無謬神話が日本の政策の命取りに、経済学を活用できていない国は日本だけ――。第一人者が結集し、常識にとらわれずに、何をすべきなのかを大胆に論じ尽くす。

     小林慶一郎教授(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)は、第Ⅱ章「日本の経済論争はなぜ不毛なのか」、附論「資本生産性は倍増できる」を執筆した。


    出版物一覧へもどる