本文へスキップ

研究員 溝口 修平

退所日:2014年12月31日

プロフィール

学歴

  • 2001年3月 東京大学教養学部総合社会科学科卒業
  • 2003年3月 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修士課程修了(修士(学術))
  • 2012年1月 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了(博士(学術))

職歴

  • 2003年7月 - 2008年3月 国立国会図書館調査及び立法考査局海外立法情報課非常勤調査員
  • 2003年10月 - 2004年3月 東京大学教養学部(後期課程)国際政治TA
  • 2010年4月 - 神奈川大学外国語学部非常勤講師

著作物

  • 「ロシア連邦憲法体制の成立―『重層的転換』における制度選択とその意図せざる帰結」東京大学大学院総合文化研究科博士論文、2012年
  • 「政党システムの分岐点―ロシア、ウクライナにおける政治エリートの連合再編過程の比較分析―」仙石学、林忠行編『ポスト社会主義期の政治と経済:旧ソ連・中東欧の比較』北海道大学出版会、pp.177-201、2011年
  • 「ロシアの「強い」大統領制―体制転換期の制度選択における構造と主体の関係を中心に」高橋直樹・岡部恭宜編『構造と主体―比較政治学からの考察―』、東京大学社会科学研究所研究シリーズNo.35、pp.25-43、2010年

論文

    【査読付論文】

  • 「ロシアの非対称な連邦制:その制度的起源」『ロシア東欧研究』第42号、2013年近刊
  • 「ロシアの「強い」大統領制?―「重層的体制転換」における制度形成過程の再検討―」『ヨーロッパ研究』第11号、pp.51-74、2011年
  • 「ソ連邦崩壊後の政治危機における「市民同盟」の役割」『ロシア史研究』、第77号、pp.61-68、2005年


  • 【その他論文】

  • 「『統一ロシア』と一党優位体制の現状」『ロシアの政治システムの変容と外交政策への影響』日本国際問題研究所ウェブサイト、2013年近刊
  • 「プーチン大統領の年金制度改革」『外国の立法』 No.235, pp.197-203、2008年
  • 「ロシアにおける外国人問題の現状」『総合調査 人口減少社会の外国人問題』pp.248-253、2008年
  • 「プーチン大統領の年金制度改革」『外国の立法』、No.235、pp.197-203、2008年
  • 「経済改革をめぐる議会内会派の離合と集散」21世紀COEプログラム「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 No.22『体制転換後のロシア内政の展開』北海道大学スラブ研究センター、pp.9-14、2007年
  • 「ロシアのナノテクノロジー振興策」『外国の立法』、No.234、pp.261-266、2007年
  • 「ロシアにおける少子化対策をめぐる立法動向」『外国の立法』、No.233、pp.170-174、2007年
  • 「ロシアの新しい移民政策と外国人問題」『外国の立法』、No.231、pp.23-30、2007年
  • 「ロシア:選挙関連法の改正」『外国の立法』、No.230、pp.176-181、2006年
  • 「ロシア:『優先的国家プロジェクト』における教育改革」『外国の立法』、No.229、pp.170-174、2006年
  • 「ロシアのテロリズム対策」『外国の立法』、No.228、pp.145-152、2006年
  • 「ロシア:連邦制の再編」『外国の立法』、No.227、pp.159-163、2006年
  • 「ロシア:経済特区法の制定―国内産業の育成に向けて」『外国の立法』、No.226、pp.157-161、2005年
  • 「ロシアにおける再生可能エネルギーをめぐる政策動向と利用の現状」『外国の立法』、No.225、pp.87-91、2005年
  • 「ロシア:プーチン大統領の議会改革-小選挙区制の廃止と社会会議の創設」『外国の立法』、No.225、pp.195-200、2005年
  • 「ロシア:社会保障政策の転換-恩典制度の廃止」『外国の立法』、No.223、pp.140-144、2005年
  • 「ロシア:新しい国民投票法の成立」『外国の立法』、No.222、pp.170-174、2004年
  • 「ロシア:京都議定書批准をめぐる最近の議論」『外国の立法』、No.221、pp.184-190、2004年
  • 「ロシアにおける人身取引の現状と立法動向」『外国の立法』、No.220、pp.111-119、2004年
  • 「ロシア:ロシアにおける連邦・地方自治制度の改革」『外国の立法』、No.219、pp.126-130、2004年
  • 「ロシア:ロシアの住宅・公共サービス改革」『外国の立法』、No.218、pp.156-160、2003年


  • 【書評、解説など】

  • 「ロシア政党・選挙データ」ポスト社会主義諸国の政党・選挙データベース作成研究会編『ポスト社会主義諸国政党・選挙ハンドブックⅢ』京都大学地域研究統合情報センター、 pp.107−123、2010年
  • 「書評 Andrew Barnes, Owning Russia: The Struggle over Factories, Farms, and Power, (Ithaca: Cornell University Press, 2006, 273.pp)」『国家学会雑誌』第123巻、第1・2号、pp.232-235、2010年
  • 「CIS」「チェチェン紛争」「プーチン」「マフィア経済」「ロシア連邦」 猪口孝、田中明彦、恒川惠市、薬師寺泰蔵、山内昌之編『国際政治事典』、弘文堂、2005年

その他

    日本比較政治学会、ロシア東欧学会、ロシア史研究会