本文へスキップ

2019年9月20日(金)~21日(土)開催 場所:韓国、全羅南道 順天市 生涯学習 分科センター

2019年韓国地方財政学会秋季学術大会発表報告(柏木研究主幹)

キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の柏木 恵研究主幹は、2019年9月20~21日に開催された「2019年韓国地方財政学会秋季学術大会」において、「日本の過疎地域の財源確保策ー地方税徴収を中心にー」という題目でプレゼンテーションを行いました。

キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の柏木 恵研究主幹は、2019年9月20~21日に開催された「2019年韓国地方財政学会秋季学術大会」において、「日本の過疎地域の財源確保策ー地方税徴収を中心にー」という題目でプレゼンテーションを行いました。

Kashiwagi01.jpg Kashiwagi02.jpg Kashiwagi03.jpg Kashiwagi04.jpg

 本報告では、過疎地域の課題と市町村の自主財源である地方税と料金の徴収に焦点をあて、日本および過疎地域の状況について説明し、過疎地域の徴収の取り組みとして、北海道池田町、新潟県阿賀町、香川県まんのう町、長崎県平戸市、熊本県五木村の事例を報告しました。