本文へスキップ

2019年10月8日(火)13:30~16:00開催 場所:東京大学弥生講堂 一条ホール

CIGS 国際シンポジウム 「Geoengineering and CCUS:Their Role in Managing Climate Change Risks」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2019年10月8日に、ハーバード大学教授のデビッド・キース氏と東京大学未来ビジョン研究センター准教授の杉山 昌広氏を招いて、国際シンポジウム「Geoengineering and CCUS: Their Role in Managing Climate Change Risks」を東京大学未来ビジョン研究センターとの共催のもとに開催しました。

開催趣旨

開催趣旨は、以下の通り。


Geo-engineering technology, or Solar Radiation Management, has been proposed as a potential technological solution to climate change. One of the techniques is to cool down the earth by injecting sulfur particles into a high layer of atmosphere. It may provide the opportunity to control greenhouse effect in a short period of time at cheap costs.

Carbon Capture, Utilize and Storage (CCUS) is another group of technology that captures CO2 from either flue gas or the atmosphere in order to utilize or store underground. Prof. David Keith has been developing a process that absorbs CO2 from the atmosphere and synthesizes with hydrogen, thereby providing carbon neutral fuel.

Prof. David Keith, a leading scholar in R&D and promoter of the above technologies, will present the current status and future outlook. The panelists, with the audience, will share the latest information and discuss the benefits, costs and risks and consider the research, development and risk management strategy of the technologies.


プログラムPDF: 315KB

181120_Zenkei_photo.JPG

以下はシンポジウムの概要を、当研究所 研究主幹 杉山 大志の文責において、デビット・キース氏より説明があった直接空気回収技術(Direct Air Capture, DAC)およびソーラージオエンジニアリング(Solar Geoengineering)について、まとめたものである。
シンポジウム要旨PDF: 556KB



Introduction

Lecture

  • デビット・キース(David Keith)
    ハーバード大学 教授
    「Geoengineering and CCUS:Their Role in Managing Climate Change Risks」
    発表資料PDF: 4,140KB


    20191008_David_Kieth.JPG

Comments

  • 杉山 昌広
    東京大学未来ビジョン研究センター 准教授
    20191008_Sugiyama.M.JPG

Discussion

  • 【モデレーター】
    杉山 大志
    【パネリスト】
    デビッド・キース
    杉山 昌広