本文へスキップ

2019年9月5日(木)13:00~17:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

CIGS日中専門家ワークショップ「地球温暖化長期戦略と実現の道筋」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2019年9月5日に、日中専門家ワークショップ「地球温暖化長期戦略と実現の道筋」を開催しました。

開催趣旨

 世界各国は、パリ協定に基づいて、地球温暖化抑制の長期戦略を策定している。そこで、主要国である日本と中国の専門家が、各自の長期戦略検討状況について意見交換し、さらに戦略実現の道筋を議論する。


プログラムPDF: 247KB

ワークショップ要旨PDF: 403KB

190905_room_photo.jpg


趣旨説明

基調講演

  • 何 建坤
    清華大学 教授、中国気候変動専門家委員会 副主任
    「中国の最新動向と長期戦略」
    発表資料(中国語)PDF: 2.21MB
    190905_1.Jiankun He_photo.jpg
  • 黒木 昭弘
    エネルギー経済研究所 常務理事
    「日本の長期戦略」
    190905_2.Kuroki_photo.JPG

講演

  • 滕 飛
    清華大学 準教授
    「中国のNon-CO2削減」
    発表資料(中国語)PDF: 1.75MB
    190905_3.Fei Teng_photo.JPG
  • 黒沢 厚志
    エネルギー総合工学研究所 部長
    「日本の超長期CO2削減と水素の役割」
    190905_4.Kurosawa_photo.JPG
  • 小宮山 涼一
    東京大学 原子力国際専攻准教授
    「日本の低炭素電力システムと原子力の役割」
    発表資料PDF: 3.95MB
    190905_5.Komiyama_photo.JPG

ディスカッション

  • 【モデレーター】
    段 烽軍
    キヤノングローバル戦略研究所 主任研究員