本文へスキップ

2019年7月9日(火)15:30~17:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室

ポール・ゴールドスタイン セミナー 「Background Analysis on Present US-China/US-Iran Dynamics」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2019年7月9日に、ポール・ゴールドスタイン氏のセミナーを開催しました。

190709_Goldstein_photo.JPG 190709_Kotegawa_photo.JPG 190709_Room_photo.JPG
(左からゴールドスタイン氏、小手川氏)

開催概要
題目: "Background Analysis on Present US-China/US-Iran Dynamics"
発表者: ポール・ゴールドスタイン (Paul Goldstein, President and Chief Executive Officer of Pacific Tech Bridge(PTB))
モデレーター:小手川 大助(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)


プログラム
ProgramPDF: 214KB


発表資料PDF: 607KB
発表要旨PDF: 465KB

セミナー概要
(1)米国・中国関係:
  1. 米中:背景事情
  2. 日米同盟へのインパクト
  3. 米国の日本寄りシフトと中国に対する封じ込め
  4. 貿易、技術および安全保障
  5. トランプ大統領と習主席 G20大阪での会談:新たな洞察
(2) 米国・イラン関係:
  1. トランプの宣伝外交:ハメネイとイスラム革命防衛隊
  2. 闇の国家:ハメネイとイスラム革命防衛隊による日本タンカー攻撃
  3. 安倍首相の役割:プラスとマイナス
  4. 将来の米国・イラン関係:欧州、日本、ロシアおよび中国


講師紹介
Paul Goldstein(ポール・ゴールドスタイン)
President and Chief Executive Officer of Pacific Tech Bridge (PTB)
1967-1971: Indiana State University, History and Political Science
1974-1982: Journalist and analyst for the Executive Intelligence Review, a political intelligence journal. Studied and held seminars the role of political economy-Called the American System of Political Economy. Lived in Wiesbaden, Germany. Worked in West Germany, France, Italy and Brussels.
1982-present: Political/Economic intelligence consultant. Worked with the United States intelligence community. Specialized in counterintelligence, counter-terrorism, national security strategy and foreign intelligence liaison.