本文へスキップ

2016.08.16

「価格据え置き」慣行 脱却を-賃金上昇率を政策目標に-

日本経済新聞 「経済教室」2016年7月25日掲載

  • 渡辺 努
  • 研究主幹
    渡辺 努
  • [研究分野]
    マクロ経済

 日銀による異次元金融緩和の開始から3年余りが経過したがデフレ脱却のめどは立っていない。なぜデフレ脱却を果たせないのか、日銀は今後どう対応すべきか考えたい。

 日銀が消費者物価の指標として注目する日銀版コア(生鮮食品とエネルギーを除く総合)は、異次元緩和前は前年比マイナスだったが、昨年秋にはプラス1.3%となり、目標の2%物価上昇に近づいた。しかしその後、物価の伸びが止まり、足元では前年比0.8%と急減速している。


→全文を読む

日本経済新聞 「経済教室」2016年7月25日掲載

渡辺 努 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる