本文へスキップ

2015.09.11

政府・日銀の通貨発行益-財政再建に活用は困難-

日本経済新聞 「経済教室」2015年8月31日掲載

 我が国の政府債務が累増する中、ギリシャは対岸の火事ではなく、国債の金利上昇が財政を直撃する可能性がある。だが、現在のところ、国債金利は低位で推移している。これは日銀の大胆な量的・質的緩和の影響が大きい。

 具体的には、インフレ率の2%目標を達成するため、日銀はマネタリーベース(資金供給量)が年間約80兆円増加するよう、民間から長期国債を買い入れている。マネタリーベースは日銀が市場に供給する(狭義の)通貨量で捉えられ、現在、日銀は急速な勢いで通貨を発行している。・・・


→全文を読む

日本経済新聞 「経済教室」2015年8月31日掲載

コラム・論文一覧へもどる