本文へスキップ

2012.09.21

物価統計の精度向上急げ

日本経済新聞 「経済教室」2012年9月13日掲載

  • 渡辺 努
  • 研究主幹
    渡辺 努
  • [研究分野]
    マクロ経済

 わが国では1990年代半ば以降、消費者物価の下落が続き、デフレが進行している。先進国でのデフレの発生事例は極めて限られるが、有名なのは30年代の大恐慌期における米国だ。このときは消費者物価が年約7%の速度で下落し、3年間で20%の下落となった。これに対し、わが国の下落率は年1%前後、激しい時期でもせいぜい2%であり、比較的緩やかといえる。
 大恐慌期との違いは、需給ギャップの大きさの違いを反映している。しかし日本のデフレの緩やかさはそれだけでは説明がつかない。90年代半ば以降、需給ギャップ悪化に対する消費者物価上昇率の反応の度合いは顕著に低下している。つまり需給ギャップの拡大幅との対比でもデフレ率は小さい。仮に反応の度合いが80年代並みであったとすれば、デフレ率は3%に達していたと考えられる。・・・


→全文を読む

日本経済新聞「経済教室」2012年9月13日掲載記事PDF:89.6 KB

渡辺 努 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

マクロ経済 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる