本文へスキップ

2019.02.19

【合理的環境主義者の視点】太陽光発電のコストが下がった理由は何か?

一般社団法人 産業環境管理協会 月刊「環境管理」 Vol.55 No.2 (2019) に掲載

  • 杉山 大志
  • 研究主幹
    杉山 大志
  • [研究分野]
    資源・エネルギー、環境

問題意識

 諸国の政策介入によってPVのコストが低減した、というストーリーは、温暖化対策における政策介入の成功事例の代表として語られることがある。さらに進んで、この立場からは、地球温暖化対策のイノベーションのためには政府の強力な介入が必要だ、という主張がなされている。この代表的な存在として欧州で有名なのは、マッツカートである。

 確かに巨額の政府補助が全量買取り制度(FIT)で実施されたのは事実であり、PVのコストが低減したのも事実である。だが、吉岡(小林)徹氏が指摘しているように、この二つの事実があることは、この二つの間に因果関係があることを意味しない。

 もしもFITに効果があったというなら、FITがなかったら技術は進歩しなかったのか?・・・


→全文を読む

太陽光発電のコストが下がった理由は何か?PDF:1.5 MB

同シリーズコラム

同シリーズコラムをもっと見る

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

杉山 大志 その他コラム・メディア掲載/論文・レポートをもっと見る

資源・エネルギー、環境 その他コラム・メディア掲載/論文・レポート

コラム・論文一覧へもどる