2020年4月アーカイブ

 自宅待機のような、テレワークのような、中途半端な状況が連日続いている。相変わらず巷では「注意深いが根拠のない」楽観論と「世紀末論的」悲観論が飛び交う。一般庶民は一体誰の話を信じたら良いのか、不安は募るばかりだろう。「緊急事態宣言」から3週間経った今、人々は再び悲観論に傾きつつあるように思… 全文を読む
 ワシントンは相変わらず寒暖の差が激しい日が続いています。朝、霜が降りるような日が続いたかと思うと、急に暖かくなり、半袖でも汗ばむほどの日がやってきます。コロナ以前に、普通に風邪をひいてしまいそうです。日本でも、女優の岡江久美子さんがコロナ肺炎で亡くなるなど、まだまだコロナウイルスとの闘い… 全文を読む
 今月より不定期掲載で、筆者が特に気になった半島関連のニュースの中で、日本であまり報道されていないものをピックアップしてご紹介しています。  今日筆者が選ぶニュースはこちらです。 2020年4月20日付『東亜日報(日本語版)』 「米、在韓米軍縮小など4つのシナリオを検討」  韓国語版にはよ… 全文を読む
 相変わらずの「自宅待機」が続く毎日だが、皆様どうお過ごしだろうか。筆者もそろそろフラストレーションが溜り始めている。こんな生活、一体いつまで続くのだろう。危機の際は悲観主義者になる筆者の見立てはこうだ。今後もワクチンなど特効薬ができるまで、ダラダラと、強制力のない、外出「自粛」要請が1年… 全文を読む
 ワシントンでは、ここ数日、冬に逆戻りしたような寒さが続いていますが、日本の皆様、いかがお過ごしでしょうか。  アメリカでは、先週末ぐらいから噂されていたことですが、遂にトランプ大統領が「如何にアメリカの経済活動を再開するか」に関する具体策を今週木曜日(4月16日)のコロナウイルス対策ブリ… 全文を読む
 普通なら今頃は米国大統領選挙で筆者を含む有象無象の学者・専門家・評論家があること、ないこと、言いたいことを言い始める時期だ。米国は勿論、恐らく世界には4年に一度の大統領選を追いかけることで飯を食っている人々がいるに違いない。ご愁傷様、今年はこれまでの常識が、4年前以上に、通用しない選挙と… 全文を読む
 ついに日本でも、4月7日に東京都を含め1都7県を対象に緊急事態宣言が発出されましたが、皆様、お元気でお過ごしでしょうか。  アメリカでも、全米のコロナウイルス感染者数が46万人を、死者も1万6千人をそれぞれ超えるなど、相変わらず状況は緊迫していますが、感染のピークに達しつつある地域が出て… 全文を読む
 読者の皆さんが本コラムを読む頃は、日本でもCOVID-19に関する緊急事態宣言が出ているだろう。オーバーシュート(感染例急増)が起きてからでは遅いから、宣言を発出すること自体は基本的に正しい。だが、宣言発出までに一体どれだけの時間がかかったのか。やっぱり、日本は不思議な国なんだなあ、とつ… 全文を読む
 コロナウイルスをめぐる日本の状況は、前回のお便りを書いていた時とはかなり変わってしまいました。お肉券やお魚券など、「配給制?」と一瞬、耳を疑ってしまうような議論が出たり、「各世帯に布製マスク2枚配布」というある意味、とても日本らしい対応策が突如発表されたり、といろいろありますが、個人的に… 全文を読む
 今日から不定期に、筆者が気になった朝鮮半島関連のニュースの中で、日本で報道されていないものを中心にご紹介していきたいと思います。時々筆者の関心事に偏りが出ることをお許しください。 今日筆者が選ぶニュースはこちら↓ 2020年4月2日付『韓国日報』「韓国初の軍専用通信衛星7月に発射」  韓… 全文を読む
  • 1

アーカイブ