2020年2月アーカイブ

 先週書いた通り、日本の新型ウイルス感染は新段階に入った。最早水際作戦どころではなく、今は如何に国内の重篤者の命を救うかだ。感染者発生は日常茶飯事で、厚労大臣も現状は「次のフェーズ」への移行期だとしている。気の早い米国メディアは横浜のクルーズ船よりも、韓国での感染大量発生に注目し始めた。 … 全文を読む
 2月17日はアメリカではPresident Dayという休日のため、今週末は三連休となりました。もともとは1732年2月22日に生まれたジョージ・ワシントン米国初代大統領の誕生日を記念するこの休日は、「ワシントンの誕生日」として祝われていましたが、エイブラハム・リンカーン第16代大統領の… 全文を読む
 今週もニュースは朝から晩まで新型コロナウイルス関連ばかり。17日月曜日の「ひるおび」では、感染症専門家でもないのに1時間40分も生出演する羽目になった、というか、栄誉を頂いた。先週ハワイから帰国したが、新型ウイルスに関する国民の関心が如何に高いかを改めて思い知った。お蔭さまで、耳学問だが… 全文を読む
 14日はバレンタインデー。まだまだ日本では女性から男性にチョコレートなどのプレゼントを送るのが一般的ですが、アメリカでは真逆。毎年この季節になると、奥さんや恋人のためのプレゼントを探す男性をターゲットにした宝石や洋服、ちょっとおしゃれな下着などのセールをどこでもやっています。レストランで… 全文を読む
 この原稿はハワイのワイキキで書いている。考えてみれば、筆者はこの数年間ゆっくり休んだ記憶がなかった。されば、今週ぐらいは世界の出来事のことをしばし忘れたいと思う。こんな休暇も偶には良いだろうと思うのだが、如何だろうか。それにしても先週も世界は、筆者の動向に関係なく、大いに動いたようだ。 … 全文を読む
 2月2日のスーパーボールでカンザスシティ・チーフスが10点差を跳ね返して50年ぶりに勝利に輝いたニュースで全米が沸いた今週はアメリカ政治も盛りだくさんな1週間となりました。3日には米大統領選の本格的開始を告げる重要イベントであるアイオワ州党員集会。翌4日にはトランプ大統領による一般教書演… 全文を読む
 本来ならこの原稿の執筆は2月3日夜となる筈だったが、今週は4日の午後まで原稿の完成を延ばすことにした。理由は簡単。米国時間3日にアイオワ州で民主党党員集会があるからだ。それにしても、2020年の民主党は「不作」だなぁ。70歳をとうに過ぎた元副大統領が、同世代のリベラル社会主義者候補を相手… 全文を読む
  • 1

アーカイブ