外交・安保カレンダー(10月26日-11月1日)

今週末にソウルで日中韓首脳会談が開かれる。焦点は安倍首相と朴大統領との初の日韓首脳会談だ。韓国側は11月2日開催を日本側に提案したと報じられた。日韓首脳会談が実現すれば約3年半ぶり。当然日本のメディアの関心は異常に高い。

でも、ちょっと待ってほしい。態度を軟化させるべきは韓国側であって日本ではない。韓国側が首脳会談開催の条件として理不尽な要求を出してくるなら、無理して会談する必要はない。この種の駆け引きでは「物欲しげ」になった方が負けなのだ。

先週と同様、今週も南シナ海でオバマ政権が中国の作った人工島周辺「領海・領空」内に米軍艦船・航空機を派遣するかどうかが気になる。米側は日中韓首脳会合の結果を見極めるだろうか。それとも機械的に派遣を強行するのだろうか。

米側が三カ国首脳会談の結果を見極めるオプションは外交的に十分あり得る。だが、艦船等派遣を中止すれば、オバマ政権の権威は更に地に落ちる。シリアでの軍事介入をめぐり米政府は右往左往したことがある。あれだけは繰り返してほしくない。

○欧州・ロシア
アジア関係ではドイツ首相が29日から訪中する。メルケル首相は昨年7月6-8日にも訪中している。その7日には盧溝橋事件の77周年式典が開催されている。今回は経済問題が主だろうが、メルケル首相の言動には要注意だ。

〇東アジア・大洋州
26日から日本海で米韓合同演習がある。同日からインドネシア大統領が訪米する。更に、26日から29日まで中国共産党中央委員会のいわゆる「五中全会」が開かれる。金融改革や経済成長率などが議論され、第13次5カ年計画が策定されるという。

〇中東・アフリカ
10月30日からバハレーンのマナマでIISSの国際会議が開かれる。11月1日にはトルコで議会解散後の総選挙がある。トルコの総選挙はエルドアン政権の大きな賭けだが、結果はどう出るか。トルコの行方を占う意味で極めて興味深い。

 

〇アメリカ両大陸 
米大統領選挙で民主党はクリントン候補に収斂していくのか。11時間にわたる米議会公聴会での彼女のパーフォーマンスは大したものだった。1996年のビルクリントンの女性スキャンダルも彼女のパーフォーマンスで乗り切ったことを思い出す。

〇インド亜大陸は特になし。今週はこのくらいにしておこう。


10月26日 EU外相理事会(ルクセンブルク)
26日 EU環境相理事会(ブリュッセル)
26日 米インドネシア首脳会談(ワシントン)
26日 日キルギス首脳会談(ビシケク)
26-28日 建設展示会「Totally Concrete East Africa」(ナイロビ)
26-28日 エジプト総選挙第1ラウンド決選投票
26-28日 ギリシャ外相、キプロス訪問
26-29日 欧州議会本会議、委員会会議(ストラスブール)
26-29日 第3回インド・アフリカサミット(ニューデリー)
26-29日 中国共産党第18期中央委員会第5回総会
26-30日 シンガポール・インターナショナル・エネルギー・ウイーク
26日-11月6日 日EU経済連携協定(EPA)交渉の第13回会合(ブリュッセル)
26日-11月20日 女性差別撤廃委員会第62回会期(ジュネーヴ)
27日 日カザフスタン首脳会談(アスタナ)
27-28日 米国FOMC
27-30日 香港インターナショナル・ライティング・フェア2015(秋)
27-30日 セネガル国際パッケージ・サロン(ダカール)
28日 ポーランド大統領、フランス訪問
28日 米9月貿易収支(速報値)
28-29日 日独フォーラム第24回合同会議(東京)
28-31日 エコ・エキスポ・アジア2015(香港)
28-31日 香港インターナショナル・ビルディング&ハードウエア・フェア
28-31日 ロボット・ワールド2015(ソウル)
29日 米国第3四半期GDP発表(速報値)
29-31日 フランチャイジング&ライセンシング・アジア(シンガポール)
30日 ユーロスタット、9月失業率発表
30日 CIS首相会議(タジキスタン・ドゥシャンベ)
30日 ロシア中銀理事会
30日 米9月個人所得・消費
30日-11月1日 食品・ワイン展示会「Good Food & Wine Show」(南ア・ダーバン)
30日-11月3日 第14回ラオスハンディクラフトフェスティバル
11月1日 アゼルバイジャン議会選挙
1日 トルコ総選挙
1日 米国が冬時間入り
1-10日 バグダッド国際見本市(イラク・バグダッド)

【来週の予定】
2-6日 第40回ASEAN交通次官級会合・第21回ASEAN交通相会合(クアラルンプール)
2-7日 第33回ハバナ国際見本市「FIHAV2015」(キューバ・ハバナ)
3日 米国州知事・議会選挙(ケンタッキー州、ミシシッピ州)
3-18日 UNESCO第38回総会(パリ)
4日 米国9月貿易統計発表
4日 ブラジル9月鉱工業生産指数発表
4日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(非金融政策)(フランクフルト)
4日 ベリーズ下院選
4-6日 香港オプティカル・フェア2015
4-7日 セネガル国際建築・建築資材・家具フェア(ダカール)
5日か6日 ロシア10月CPI発表
5-7日 香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア2015
6日 米国10月雇用統計発表
6日 ブラジル10月IPCA発表
6-9日 ベトナム農産展示会「AGROVIET 2015」(ハノイ)
6-15日 ラゴス国際見本市(ナイジェリア)
8日 中国10月貿易統計発表
8日 アゼルバイジャン議会選(予定)
8日 ミャンマー上下院選(予定)


(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(10月19-25日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(11月2-8日) »

« 外交・安保カレンダー(10月19-25日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(11月2-8日) »

アーカイブ