外交・安保カレンダー(10月19-25日)

今週は南シナ海でオバマ政権が中国の作った人工島周辺「領海・領空」内に米軍艦船・航空機を派遣するかどうかが焦点だ。解放軍幹部は領有権問題に関し「軽率に軍事力に訴える」ことはないと述べたそうだが、これで安堵する者はいないだろう。

発言したのは解放軍制服組トップの中央軍事委員会副主席、中国は「予期しない衝突を回避するために最大限努力する」とも述べたそうだ。米国防長官は国際法の許す限り「どこでも飛行し、航行する」と述べたから、領海内派遣は時間の問題だろう。

この問題には短期と中長期の視点がある。短期的には、米国は必ず艦船・航空機を派遣するだろう。実行しなければ、米国は最早「大国」ではなくなるからだ。一方、中長期的には、米軍がこうした行動をいつまで続けられるか注視する必要がある。

1996年台湾総統選挙前に中国が台湾海峡にミサイルを発射した際、米国は「これ見よがし」に米空母機動部隊を二つ相次いで台湾海峡に派遣した。しかし、現在同様のことが起きても、米海軍は空母機動部隊を台湾海峡に派遣しないだろう。

理由は簡単。中国のミサイル誘導能力が向上したからだ。されば、今から10年後の2025年、解放軍の前線基地となったこれら人工島に米軍艦船・航空機は近付くことができるか。これが南シナ海の「A2/AD(接近阻止・領域拒否)」の実態だ。

〇欧州・ロシア
20日にウクライナ問題の会合がベラルーシで開かれるが、問題解決には程遠い。同様に、あれほど騒がれた難民問題は今どうなっているのか。ハンガリーだけではない。クロアチアもスロベニアも、どこもかしこも、欧州諸国は「たらい回し」ばかりだ。

〇東アジア・大洋州
19日から中国国家主席が訪英する。アヘン戦争から175年、遂にあの大英帝国が中国に屈したかに見える。中国による歴史的意趣返しか、それとも、強かな英国の生き残り戦術か。同じく19日から30日までフィリピンと豪州が共同軍事訓練を行う。

〇中東・アフリカ
22日から28日まで安倍首相が中央アジアの柿田棟(カザフ、キルギス、タジク、トルクメン、ウズベク)スタン国家を訪問する。ここはロシア・中国にとっての裏庭、ウイグルなどイスラム過激派に神経を尖らす中国のアキレス腱でもあり極めて重要だ。

〇アメリカ両大陸 
先週の米民主党大統領選候補者によるテレビ討論ではヒラリー・クリントンが頑張った。CNNなどは「存在感を示した」と報じていたが、この種の政治スキャンダルは決して直ちには爆発しない。しないからこそ、恐ろしいのだ。ヒラリーの危機は続くだろう。

〇インド亜大陸
20日からパキスタン首相が訪米する。今週末はイスラム暦の新年だ。今週はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。


10月19日 カナダ連邦議会選
19日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
19日 中国第3四半期経済指標(GDP、CPI、固定資産投資、社会小売品販売総額など)発表
19-22日 麻生太郎副総理兼財務相が米国を訪問
19-23日 バンコク国際ギフトフェア&国際家庭用品フェア2015(バンコク)
19-23日 OECD科学技術政策委員会閣僚会合(韓国・大田)
19-23日 国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)第4回作業部会(ボン)
19日-11月6日 自由権規約委員会第115回会期(ジュネーヴ)
20日 皇后さま誕生日(81歳)
20日 米9月住宅着工件数
20日 日韓防衛相会談(ソウル)
20日か21日 ロシア1~8月貿易統計発表
20-21日 ブラジル中銀、Copom
20-22日 中谷元防衛相が訪韓
20-23日 中国国家主席夫妻、英国訪問
20-23日 パキスタン首相、訪米
20-26日 南北離散家族再会(北朝鮮の金剛山)
21日 ロシアエネルギー相、イラン訪問
21日か22日 ロシア9月雇用統計発表
21-23日 縫製機器関係展示会「Origin Africa2015」(エチオピア・アディスアベバ)
21-24日 インドネシア医療機器展「Indonesia Hospital Expo」(ジャカルタ)
22日 ブラジル9月月間雇用調査発表
22日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(金融政策)(マルタ)
22-23日 EU農水相理事会(ルクセンブルク)
22-23日 フランス大統領、ギリシャ訪問
22-26日 第13回全州(チョンジュ)国際発酵食品エキスポ(韓国・全州)
22-28日 安倍首相、中央アジア、モンゴル歴訪
23日 新潟県中越地震から11年
23日 ECB景気予測専門家調査
24日 米国州知事選挙(ルイジアナ州)
24日 国連憲章発効から70年
25日 コートジボワール大統領選
25日 アルゼンチン大統領選、上下院選
25日 コロンビア地方選挙
25日 グアテマラ大統領選挙
25日 ポーランド上下院選
25日 ハイチ大統領選、上下院選
25日 ウクライナ地方選挙
25日 タンザニア大統領・国民議会選挙
25日 オマーン下院選
25日 コンゴ国民投票
25日 欧州各国が冬時間入り
25-28日 インドネシア大統領、訪米


【来週の予定】
26日 EU外相理事会(ルクセンブルク)
26日 EU環境相理事会(ブリュッセル)
26日 米インドネシア首脳会談(ワシントン)
26-28日 建設展示会「Totally Concrete East Africa」(ナイロビ)
26-28日 ギリシャ外相、キプロス訪問
26-29日 欧州議会本会議、委員会会議(ストラスブール)
26-29日 第3回インド・アフリカサミット(ニューデリー)
26-30日 シンガポール・インターナショナル・エネルギー・ウイーク
26日-11月20日 女性差別撤廃委員会第62回会期(ジュネーヴ)
27-28日 米国FOMC
27-30日 香港インターナショナル・ライティング・フェア2015(秋)
27-30日 セネガル国際パッケージ・サロン(ダカール)
28日 ポーランド大統領、フランス訪問
28-31日 エコ・エキスポ・アジア2015(香港)
28-31日 香港インターナショナル・ビルディング&ハードウエア・フェア
28-31日 ロボット・ワールド2015(ソウル)
29日 米国第3四半期GDP発表(速報値)
29-31日 フランチャイジング&ライセンシング・アジア(シンガポール)
30日 ユーロスタット、9月失業率発表
30日 CIS首相会議(タジキスタン・ドゥシャンベ)
30日 ロシア中銀理事会
30日-11月1日 食品・ワイン展示会「Good Food & Wine Show」(南ア・ダーバン)
30日-11月3日 第14回ラオスハンディクラフトフェスティバル
10月初旬 ウクライナ・ポロシェンコ大統領がカザフスタン訪問
10月初旬 ユーラシア経済委員会バロバヤ理事(統合推進・マクロ経済担当)がチリ訪問
10月下旬 カザフスタン・ナザルバエフ大統領がカタール訪問
10月下旬 セルビア・ニコリッチ大統領がベラルーシ訪問
10月中 インド・モディ首相がイスラエル、パレスチナ訪問
10月中 ベラルーシ・ルカシェンコ大統領がセルビア訪問
10月中 米国・プリツカー商務長官がウクライナ訪問
10月中 中国共産党第18回中央委員会第5回全体会議(五中全会)(北京)
10月中 米国半年次為替報告書発表
11月1日 アゼルバイジャン議会選挙
1日 トルコ総選挙
1-10日 バグダッド国際見本市(イラク・バグダッド)


(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(10月12-18日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(10月26日-11月1日) »

« 外交・安保カレンダー(10月12-18日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(10月26日-11月1日) »

アーカイブ