外交・安保カレンダー(8月10-16日)

今週はいよいよ戦後70年総理談話が発表される。先週も書いたとおり、国内メディアは木を見て森を見ず、例の四つの「キーワード」が入るか入らないか、ばかりに注目している。この体たらくでは日本のマスコミも韓国や中国を笑えない。

興味深いのは辺野古沖埋め立て工事の一カ月中断決定だ。マスコミは安倍政権支持率低下と関連付けたが、この「冷却期間」がどの程度機能するかは未知数だ。ガス抜きにしては不十分だが、さりとて沖縄県にも決定打はない。暫くは様子見だろう。


〇欧州・ロシア
ヨーロッパは完全にヴァカンス・モード、動いているのはギリシャの借金だけだ。14日に同国国債14億ユーロ分のリファイナンスが必要だが、あれほど大騒ぎした欧州が今週は静かそのもの。休みは休みということか、日本では考えられないが。

〇東アジア・大洋州
10日に九州電力が川内原発を再稼働させる。中東・エネルギー屋にとっては当然の措置だが、国民の反応が気になるところだ。安倍総理談話は14日の予定だが、韓国では14-15日が連休になる。15日に韓国大統領が行う演説は要注意だ。


〇中東・アフリカ
欧州は開店休業だが、中東は仕事をしている。トルコでは10日以降も連立政権議論が続いている。レバノン議会では大統領選びが再延期された。もう26回目というから、半年間何も決まらないということだ。そのレバノンを12日イラン外相が訪問する。

14日から十日間、上海でエジプト観光展が開かれる。今頃、カイロ、ルクソールに行く中国人がいるとすれば、余程の物好きか、冒険家だろう。先週、カイロで拉致されたクロアチア人がISISの宣伝ビデオで殺害予告されていた。エジプトの受難は続く。


〇アメリカ両大陸
先週から今週にかけてCNNの最大の話題は共和党のトランプ旋風だった。米国共和党の友人は「米国を信じてほしい、トランプは大統領にならない」とメールを送って来た。そんなことは判っている、問題はトランプ出馬で真に得するのが誰かだろう。

それにしても、このトランプ氏、メキシコ人差別、女性蔑視などなどトンデモ候補であることだけは間違いない。彼が大統領選から消えるのは時間の問題だが、トランプ人気の真の原因は国民の根強いワシントン不信である。

これが続けば続くほど、ジェブ・ブッシュ以外の共和党候補には不利となる。一方、それでは共和党が割れる可能性すらあるので、ブッシュは本選で勝てないかもしれない。最後に笑うのはヒラリーか、ジェブか、それとも無名の新人か。1991年秋のビル・クリントンの台頭を思い出す。どうやら米国内政の受難も続きそうだ。

〇インド亜大陸
10日にパキスタン首相がベラルーシを訪問する。15日はインドの独立記念日でもある。今週はこのくらいにしておこう。

8月10日 参院予算委員会で集中審議
10-11日 パキスタン首相、ベラルーシ訪問
11-12日 菅義偉官房長官が沖縄訪問
12日 中国7月固定資産投資、社会小売品販売総額発表
12日 ブラジル6月月間小売り調査発表
12日 米7月財政収支発表
12日 日航機墜落事故から30年12-14日 農業・動物・水産資源開発会議(コートジボワール・ダウクロ)
12-15日 東方経済フォーラム(ロシア・ウラジオストク)
13日 米国7月小売売上高統計発表
13日 ECB議事録13日 ASEANスポーツ相会合
13-15日 香港インターナショナルティーフェア2015、現代漢方&ヘルスケア製品展・国際会議
13-15日 第6回バンコク電機電子2015(Bangkok E&E 2015)
13-17日 フード・エキスポ(香港)
14日 米国務長官、キューバ訪問14日 4-6月期のユーロ圏GDP(速報値)、ユーロ圏7月CPI
14日 米7月生産者物価指数・鉱工業生産
14日 太平洋戦争終結70周年追悼式典(米ハワイ・真珠湾)
15日 戦後70周年、全国戦没者追悼式
15日 平和友好記念式典(米ハワイ・真珠湾)
15日 韓国で日本の植民地支配からの解放記念式典
16-17日 インド首相、UAE訪問


【来週の予定】
17日 インド6月鉱工業生産指数発表
17日 スリランカ議会選
17日か18日 ロシア1~7月鉱工業生産指数発表
17-31日 韓国臨時国会
19日 米国7月CPI発表
20日 ブラジル7月月間雇用調査発表
20日 イラク・クルディスタン自治政府大統領選挙
20-23日 コロンボ・モーターショー
20-30日 インドネシア国際モーターショー2015(ジャカルタ)
21日 ASEAN日本人商工会議所連合会(FJCCIA)とASEAN事務総長との対話(クアラルンプール)
21日か24日 ロシア1~6月貿易統計発表
21日か24日 ロシア7月雇用統計発表
22-25日 第47回ASEAN経済相会議(クアラルンプール)
23-28日 世界水週間(ストックホルム)

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(8月3-9日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(8月17-23日) »

« 外交・安保カレンダー(8月3-9日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(8月17-23日) »

アーカイブ