外交・安保カレンダー(4月27日-5月3日)

今週は安倍首相の訪米がある。日米2+2(外務・防衛相会談)を皮切りに、日米首脳会談、米議会での演説までがハイライトだろう。先週の話になるが、バンドン会議60周年首脳会議でのスピーチは短かったが、それなりに良く纏まっていたと思う。

これに比べれば、米議会、しかも両院総会でのスピーチは格段に難しい。英語でやるのは当然としても、議場では安倍首相の一挙手一投足が注目される。タイミングを取るのは容易ではなかろうが、成功すれば拍手により何度も中断されるはずだ。

米国でのスピーチは文章の美しさだけでは評価されない。場に相応しい内容を伴い、温かい雰囲気を作り出し、言葉と言葉の間をうまく使いながら、聴衆の琴線に触れるメッセージを送れるかどうかが試される。無事に演説が終わることを祈るばかりだ。

〇欧州・ロシア
今週の欧州は働いている。27日はウクライナでEUトップとの首脳会議がある。同日、ロシアはキプロスからの輸入食料品の検査を再開するようだが、欧州ではロシアが欧州産農産物の輸入解禁を検討しているとの噂もある。ロシアも結構苦しいのか。

30日はギリシャがEUに経済改革案を提出する期限だが、同日はフランスにも期限が来る。財政赤字をGDPの3%以内とする義務を2年間猶予してもらうため経済改革計画を提出する必要があるらしい。どうするのか。仏もギリシャのことは笑えない。

〇中東・アフリカ
27日にイラン外相がNYを訪問する。表向きはNPT関係会議出席だが、ここでも核問題の交渉が続くだろう。最大の問題は制裁解除の時期と方法だという。米議会が即時解除する訳はないが、イラン最高指導者は既に即時解除を公言している。

この問題、出口はあるのだろうか。交渉に深く関わっている人ほど楽観的なことを言うのだが、それは本当に議論が詰まっているからなのか。それとも、苦し紛れに希望的観測を言い続けているのか。部外者にはどうしても後者のように見えるのだが。

〇アメリカ両大陸
安倍首相訪米以外にはあまり大きなニュースはないようだ。 

〇東アジア・大洋州
27-28日にマレーシアで第26回ASEAN首脳会議が開かれる。5月1日からはミャンマーで少数民族の反政府諸勢力が会合を持つ。5月3日には上海で中国と台湾の第10回「両岸関係」フォーラムが開かれる。アジアは結構動いているようだ。

国際関係ではないのだが、27日には大阪市長が掲げる「大阪都」構想につき賛否を問う住民投票が告示される。投票日は5月17日だが、大阪維新の会、自民、民主の対立は続くという。申し訳ないけれど、世界から見ると、インパクト少ないなぁ。

〇インド亜大陸
今週はインドが千客万来だ。27-28日にスペイン外相、27-29日にアフガニスタン大統領、29-30日には日印エネルギーフォーラムで日本の経産大臣がそれぞれ訪印する。更に、5月2日には米国MITがインド関係会議を主催するそうだ。今週はこのくらいにしておこう。

4月27日 EUウクライナ首脳会議
27日 ルーマニア大統領、イタリア訪問
27-29日 アフガニスタン大統領、インド訪問
27-29日 EU・多言語デジタル単一市場に関するリガサミット2015(ラトビア・リガ)
27-29日 ドイツ大統領、チュニジア訪問
27-30日 欧州議会本会議、委員会会議(ストラスブール)
27-30日 オランダ外相、訪米
27日-5月22日 核拡散防止条約(NPT)再検討会議(ニューヨーク)
28日 ブラジル3月月間雇用調査発表
28日 日米首脳会談(ワシントン)
28日 第15回日中科学技術協力委員会(北京)
28日 欧州安全保障アジェンダの採択に関する委員会(ブリュッセル)
28-29日 ブラジル中銀、Copom
28-29日 欧州連合基本権憲章に関する会議(ラトビア・リガ)
28-29日 米国FOMC
28日-5月2日 薗浦健太郎外務大臣政務官ウクライナ、キルギス、カザフスタン及びジョージア歴訪
29日 米国第1四半期GDP発表(速報値)
29-30日 アジア欧州会合(ASEM)第三回運輸相会合(ラトビア・リガ)
30日 ロシア中銀理事会
30日 ユーロスタット、3月失業率発表
30日 ベトナム戦争終結40年
30日 タンザニア国民投票
30日 米比軍事演習「バリカタン」終了
5月1日 中国メーデー休暇
1日-10月31日 イタリア・ミラノ万博
2-5日 第48回アジア開発銀行(ADB)年次総会(アゼルバイジャン・バクー)
2-6日 稲田朋美自民党政調会長がアイルランド、ドイツ、ベルギー歴訪
3日 第18回ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議(アゼルバイジャン・バクー)
3日 中国共産党と台湾国民党による「両岸経済貿易文化フォーラム」(上海)


【来週の予定】
4-6日 日中議員連盟が訪中
4-7日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
5日 米国3月貿易統計発表
5-7日 セネガル官民連携プロジェクト投資フォーラム(SENPPP)(ダカール)
6日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(フランクフルト)
6日 ブラジル3月鉱工業生産指数発表
6日か7日 ロシア4月CPI発表
6-7日 EU・米国・カナダ重要インフラ防護に関する専門家会合(ラトビア・リガ)
7日 イギリス議会選
7-8日 EU外相理事会(ブリュッセル)
7-9日 フィリピン大統領、カナダ訪問
8日 中国4月貿易統計発表
8日 米国4月雇用統計発表
8日 ブラジル4月IPCA発表
8日 中国主席がロシア訪問
9日 中国4月CPI発表
9日 戦勝70周年記念式典(ロシア・モスクワ) 北朝鮮の金正恩第1書記、中国の習近平国家主席、チェコのゼマン大統領、ベトナムのサン国家主席、セルビアのニコリッチ大統領などが出席予定
10日 ドイツのメルケル首相がロシア訪問
10日 ポーランド大統領選

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(4月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(5月4-10日) »

« 外交・安保カレンダー(4月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(5月4-10日) »

アーカイブ