外交・安保カレンダー(12月8-14日)

今週も欧州ではEUの会合、特に閣僚級会合が目白押しだ。これが終わればクリスマス休暇なのだろう。同時期、イタリアでは9日に裁判官と郵便局職員が、11-12日に某鉄道会社の貨物部門と旅客部門が、13-14日には全鉄道労働者が、それぞれストライキを行うのだそうだ。この点に関する限り、イタリアは大国としか言いようがない。

その点、ロシアは今週も仕事をしている。プーチン大統領は11日にインドを訪問する。訪印は一日だけだが、モディ首相とは7月以来、三回目の首脳会談となる。先週はトルコで、今週がインドということか。プーチンも経済制裁破りに必死なのだろう。

クリスマスのないイスラム諸国では結構仕事をしている。9-10日にドーハでGCC首脳会議があるから、カタールをめぐる一時の軋轢は解消したのか。10日にはレバノンで15回やっても結果の出ない「大統領選挙」が再開される。やはり中東は相変わらずだ。

東アジアでは、3日から六者協議の米国特別代表が10日まで韓国、日本、中国を訪問し協議を行っている。韓国日刊紙は韓米両国が、「金正恩の特使としてロシアを訪問した北朝鮮の崔竜海労働党秘書の活動」などにつき協議する模様だと報じた。

この特別代表とはソン・キム前駐韓米大使のことで、国務省の次官補代理のはずだが、最近は特別代表も兼任しているらしい。彼は確か2008年にもこのポストを担当していた筈だから、要するに出戻り、米政府内はかなりの人材難ということだろう。

キム氏に個人的恨みはないが、彼のおかげで筆者の友人の「在韓国大使」の芽が消えたという噂話を以前聞いたことがある。いやむしろ、友人の話が消えたためにキム大使が実現したのかもしれない。いずれにせよ、米国でも人事は悲喜交々だ。

日本ではやはり14日の衆議院選挙の投開票が要注目だろう。各種世論調査が既に公表されているが、筆者は信じないことにしている。各社が公表しない調査や各政党が独自に行っている調査こそが知りたいのだが、それでも選挙結果は判らない。

とにかく皆さんには投票してほしい。選挙権は投票して何ぼ、である。どんな結果が出るにせよ、民主主義の基本は有権者の投票だ。今週はこのくらいにしておこう。


 
12月8日 中国11月貿易統計発表
8日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
8日 ユーログループ(ブリュッセル)
8日 ドミニカ国議会選
8日 日・カタール租税協定交渉第1回会合(東京)
8日 外務省の伊原純一アジア大洋州局長が、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と意見交換
8日 イラン経済財務相、パキスタン訪問
8-9日 第3回核兵器の人道的影響に関する会議(ウィーン)
8-9日 日・ケニア投資協定交渉第3回会合(ナイロビ)
8-12日 日EU経済連携協定(EPA)交渉第8回会合(東京)
8-17日 国際刑事裁判所に関するローマ規程締約国会議(ニューヨーク)
9日 皇太子妃雅子さま誕生日(51歳)
9日 EU経済・財務相理事会(ブリュッセル)
9日 EU運輸・通信・エネルギー担当相理事会(ブリュッセル)
10日 特定秘密保護法施行
10日 モーリシャス議会選
10日 ノーベル平和賞授賞式(オスロ)
10日 日本人3氏らノーベル賞授賞式(ストックホルム)
10日 中国11月CPI発表
10日 EUユンケル欧州委員長及び委員、欧州議会宣誓式に出席(ルクセンブルク)
10日 欧州連合理事会常駐副代表委員会(Coreper I)、常駐代表委員会(Coreper II)(ブリュッセル)
10-11日 WTO一般理事会(ジュネーブ)
11日 米国11月小売売上高統計発表
11日 米連邦予算の継続決議案の期限
11日 EU雇用・社会政策・健康・消費者問題担当相理事会(ブリュッセル)
11日 EU欧州議会委員会会議
11日 ロシア中央銀行理事会
11日 ロシア大統領、インド訪問
11日か12日 ロシア第3四半期経済活動別GDP統計発表
11-12日 韓国ASEAN特別首脳会議(韓国・釜山)
12日 中国11月固定資産投資、社会消費品小売総額発表
12日 ブラジル10月月間小売り調査発表
12日 EU教育・若年・文化・スポーツ担当相理事会(ブリュッセル)
12-14日 ノーベル平和賞受賞者世界サミット(ローマ)
12-15日 EU外相理事会(ブリュッセル)
13日 食品ラベルに関する新規則「消費者に対する食品情報の提供に関する規則」の一部規定を除く適用猶予期間が終了
13-14日 カンボジア首相、韓国訪問
14日 衆院選挙投開票


 

【来週の予定】
15日か16日 ロシア1~11月鉱工業生産指数発表
15-16日 EU農水相理事会(ブリュッセル)
15-18日 欧州議会本会議(ストラスブール)、欧州議会委員会会議(ストラスブール)
16日 EU一般問題理事会(ブリュッセル)
16日 第6回日・ニュージーランド会議(札幌)
16、18日 米国に関するWTO加盟国通商政策レビュー(ジュネーブ)
16-17日 米国連邦公開市場委員会(FOMC)
17日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(フランクフルト)
17日 EU環境相理事会(ブリュッセル)
17日 米国11月消費者物価指数(CPI)発表
17日 EU統計局(ユーロスタット)、11月消費者物価指数(CPI)発表
17日 欧州連合理事会常駐副代表委員会(Coreper I)(ブリュッセル)
18日 ECB一般理事会(フランクフルト)
18日 ロシア大統領の内外記者会見(モスクワ)
18日か19日 ロシア1~10月貿易統計発表
18-19日 EU欧州理事会(ブリュッセル)
19日 ブラジル11月月間雇用調査発表
20日 東京駅開業100周年
21日 ウズベキスタン議会選挙

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(12月1-7日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(12月15-21日) »

« 外交・安保カレンダー(12月1-7日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(12月15-21日) »

アーカイブ