外交・安保カレンダー(10月27日-11月2日)

今週は27日から北朝鮮に派遣される日本政府代表団と、29日に習近平国家主席との会談も予定される福田元首相の訪中が焦点だろう。同じく29日には日韓の防衛次官級会談も予定されている。11月10-11日に迫った北京APEC首脳会議での日中、日韓「首脳会談」に向けて動きが急になっている。決して焦る必要はないのだが。

ところが、これらはあくまで東アジア的現象。先週駆け足でワシントンに出張してきたが、現地での関心はエボラ熱、中間選挙、ISIS、高校での銃の乱射ばかりで、香港の民主化デモすらもうニュースではなくなりつつあった。それにしても、北米と東アジアと欧州に加え、中東までフォローするのはかなりの重労働である。

27日にある有力シンクタンクが主催する「エネルギーに関する日米協力」の可能性を考えるシンポジウムで喋る機会があった。新民族主義の時代に入り、エネルギーをめぐって「力による現状変更」が起きる可能性は高まっている。だが「エネルギー地政学」などというマジックワードに惑わされてはならないことも事実だろう。

そもそも意味が良く分からない。狭義の地政学(どこで石油・天然ガスが生産されるか等々)を語り始めれば、結局は森羅万象が関わってくるので、単純な答えは望めない。だから、エネルギーだけを取り出して議論しても出口はない。結局エネルギーは国家の大戦略の一部、しかもその重要な手段のひとつでしかないのだから。

エネルギーに関する日米間協力には大賛成だが、一体誰がこうした大戦略の一部であるエネルギー戦略を作るのか。今、日米両国に必要なのは、国際政治学、中東地域研究、アジア地域研究、エネルギー経済学、石油・天然ガス市場知識など様々な分野の専門知識を集大成して戦略を構築する地道な努力ではなかろうか。

これが出来る人は少なくとも日本にいないし、米国でも出会ったことがない。原因はこれまでの学会、産業界、政府組織、官僚組織の「蛸壺的」専門分野縦割り体制の弊害なのだが、これも日本だけの問題ではない。今週はこのくらいにしておこう。


10月27日 鄭韓国国会議長が伊吹文明衆院議長と会談
27-28日 将来の課題のための日・オーストリア委員会第3回会合及び公開シンポジウム(ウィーン、クレムス)
27-28日 ベトナム首相、インド訪問
27-29日 全米熱帯まぐろ類委特別会合(カリフォルニア州ラホーヤ)
27-30日 日本政府が、北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査の現状を把握するための訪朝団を平壌に派遣
27-30日 香港インターナショナル・ライティング・フェア2014(秋)
27-31日 シンガポール国際エネルギー・ウイーク
27-31日 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が第5次統合報告書を審議、公表(コペンハーゲン)
27日-11月7日 日・コロンビア経済連携協定(EPA)交渉第8回会合(コロンビア・ボゴタ)
28日 EU環境相理事会(ルクセンブルク)
28-29日 日本政府訪朝団が北朝鮮の特別調査委員会の責任者と面会(平壌)
28-29日 ブラジル中銀、Copom
28-29日 WTO知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)理事会(ジュネーブ)
28-29日 米国FOMC
28-30日 包括的核実験禁止条約機関準備委員会第43回会期(ウィーン)
28-31日 オランダ国王夫妻訪日
28-31日 アフガニスタン大統領、中国訪問
29日 日韓防衛次官級会談
29日-11月1日 エコ・エキスポ・アジア2014(香港)
29日-11月1日 香港インターナショナル・ビルディング・アンド・ハードウエア・フェア
28日-11月14日 国際麻薬統制委員会第111回会期(ウィーン)
30日 米国第3四半期GDP発表(速報値)
31日 日銀決定会合
31日 ユーロスタット、9月失業率発表
31日 第2次バローゾ欧州委員会の任期終了
31日 ロシア中央銀行理事会
11月1日 ユンケル氏、欧州委員長就任
2日 ルーマニア大統領選


【来週の予定】
3-5日 内陸開発途上国に関する第二回国連会議(ウィーン)
3-6日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
3-7日 石油開発会議・展示会「アフリカオイルウイーク2014」(南ア・ケープタウン)
3-28日 拷問禁止委員会第53回会期(ジュネーヴ)
4日 米サモア下院議会選、上院議会選
4日 米国上院議会選、下院議会選・州知事選挙(ニューヨーク州、カリフォルニア州、イリノイ州、ジョージア州ほか)・グアム議会選
4日 米国9月貿易統計発表
4日 ブラジル9月鉱工業生産指数発表
5-7日 香港オプティカル・フェア2014
5日か6日 ロシア10月CPI発表
6日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(フランクフルト)
6日 ユーロ・グループ(非公式ユーロ圏財務相会合)(ブリュッセル)
6日 秋の園遊会(東京・赤坂御苑)
6-8日 香港インターナショナルワイン&スピリッツフェア
7日 EU経済・財務相(ECOFIN)理事会(ブリュッセル)
7日 米国10月雇用統計発表
7日 ブラジル10月IPCA発表
7日 インド大統領、ブータン訪問
7日 ギリシャ首相、キプロス訪問
7-8日 アジア太平洋経済協力会議(APEC)閣僚会議(北京)
8日 中国10月貿易統計発表
9日 カタルーニャ地方国民投票

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(10月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(11月3-9日) »

« 外交・安保カレンダー(10月20-26日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(11月3-9日) »

アーカイブ