外交・安保カレンダー(6月30日-7月6日)

今週は再びワシントンに来ている。今頃東京は集団的自衛権をめぐる議論で大騒ぎだろうが、ワシントンでは一部の「アジア村住民」を除き殆ど議論になっていない。国連憲章上主権国家であれば当然の権利、今更その是非を議論する実益はないからだ。その意味で、日本での議論は重要かつ必要だが、若干「周回遅れ」の気がする。

毎回痛感することだが、ワシントンはこのところ内向きだ。オバマ大統領は周辺国に対し、「未成年者を一人で密入国させるようなことは止めて欲しい」と発言。違法移民のまま米国に数十年間滞在し米社会で立派に成功した人々がカミングアウトしては米国の移民政策の矛盾を問うている。形は違っても過去何度も繰り返された光景だ。

ところで、オバマ政権はマリキ政権を見限ったのか。同首相が退陣しない限り、米国は本格的な軍事支援を控えるだろう。それどころか、仮に政権が代わっても、米国の軍事的関与は最小限となる可能性が高い。現在投入されている特殊部隊はバグダッド陥落を回避しつつ、万一の際に官民米国人を退避させるためのものだと考える。

ちなみにISISは再び改称し、今やIS(イスラム国)と名乗っているそうだ。彼らの理想の政治体制が「正統カリフ制」だとしたら、これが長続きするはずはない。シリアは勿論、イラクでも世俗主義は生活の一部。ISが求める禁欲的生活が一般民衆に定着するとは思えない。当面ISの勢いは止まらないが、その限界は意外に近いのでは。

筆者が今週注目するのはイランと北朝鮮をめぐる協議だ。ウィーンではイラン核問題協議が、北京では日朝政府間協議がそれぞれ開かれる。前者はイラクをめぐる米イラン実質対話が同時並行で内々進むだろうが、核協議自体は前進しない。交渉期限の延長でお茶を濁すと思われるが、イスラエルにとっては気が気ではなかろう。

日本にとっては拉致問題の方が重要だが、北朝鮮は対日国交正常化協議を行うつもりだ。小泉政権時代の様々な経緯もあるので、劇的な進展を期待すべきではない。米韓など関係国との協調は一見面倒だが、長い目で見れば拉致問題の早期解決に資するだろう。その意味でも北朝鮮側の動きには目が離せない。今週はこのくらいにしておこう。
 
6月30日 日・カンボジア外相会談(プノンペン)
30日-7月1日 フランス外相、インド訪問
30日-7月2日 アゼルバイジャン外相、中国訪問
30日-7月2日 アフリカ鉄道会議・展示会「Africa Rail」(ヨハネスブルク)
7月1日 EU統計局(ユーロスタット)、5月失業率発表
1日 イタリアがEU議長国に就任(12月末まで)
1日 台湾月額最低賃金引き上げ実施
1日 ベトナムで改正土地法施行
1日 ノルウェー首相、マラウィ訪問
1日 日朝政府間協議(北京)
1、3日 中国に関するWTO加盟国通商政策レビュー(ジュネーブ)
1-2日 アフリカ港湾会議「Africa Ports&Harbours」(ヨハネスブルク)
1-2日 中央ヨーロッパ定期会議(ウィーン)
1-3日 欧州議会本会議(ストラスブール)
1-3日 欧州議会委員会会議(ストラスブール)
2日 EU統計局(ユーロスタット)、第1四半期GDP成長率発表
2日 第3回日EU開発政策対話(ブリュッセル)
2日 イラン核協議(ウィーン)
3日 米国6月雇用統計、5月貿易統計発表
3日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(フランクフルト)
3-4日 中国国家主席、韓国訪問
3-12日 環太平洋連携協定(TPP)首席交渉官会合(オタワ)
4日 米独立記念日(ニューヨーク市場はすべて休場)
4日か7日 ロシア6月CPI発表
4-6日 ブラジルで日本祭り(Festival do Japao)2014(サンパウロ)
6-13日 小野寺防衛相訪米
 

【来週の予定】
7日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
7日 ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
7-10日 香港ファッションウイーク2014春/夏
7-11日 日EU経済連携協定(EPA)交渉第6回会合(東京)
8日 欧州連合財務省理事会
8日 5月の国際収支発表
8-11日 総合工作機械見本市「MTAベトナム2014」(ホーチミン)
9日 インドネシア大統領選
9日 クック諸島議会選
9日 中国6月CPI発表
9-12日 国連総会議長、訪日
10日 中国第2四半期貿易統計発表
10日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
13日 スロベニア議会選
13日 滋賀県知事選

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(6月23-29日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(7月7-13日) »

« 外交・安保カレンダー(6月23-29日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(7月7-13日) »

アーカイブ