外交・安保カレンダー(4月14-20日)

20日の日曜日はキリスト教のイースター(復活祭)だ。この聖なる日は基本的に、「春分の日後の最初の満月の次の日曜日」とされており、西方教会と東方教会では計算が微妙に異なるのだそうだが、2014年は両教会とも同一日となっている。欧州では復活祭の前の聖金曜日(Good Friday)と翌日の月曜日も休日となるらしい。

当然ながらEU諸機関も17日から21日まで休みに入るが、その直前の14-15日のEU外相理事会ではウクライナについて議論する。また、17日にはウクライナで米、EU、露、ウクライナの四か国が会談するという。立ち上がりから厳しい局面が続くが、ウクライナ暫定政府は大丈夫なのだろうか。他人事ながら気になるところだ。

最近のウクライナ南東部での騒乱事件はどこまでがロシアの仕業なのだろう。ここにもクリミアで見られたような例の正体不明のロシア人らしいミリシアがいる。これを見る限りは、常識的に、またロシアがスペツナズを投入したようにも思えるのだが。このまま、流血の惨事となるのか。イースター休暇の直前だけに衝突拡大が懸念される。

ロシアが意図的にやっているとすれば、その真の目的は何なのだろう。単なる陽動作戦か、それとも本格的介入の準備なのか。目的がウクライナ暫定政権に「連邦制」を受け入れさせることなら理解できないではないが、そうだとしても暫定政府側がデモ隊の強制排除を始めれば、全てが一夜にして変り得る。正直、今は先を読み切れない。

中国では、14日にシリア反体制勢力が北京を訪問する。同日には同じく北京で第6回となる中印戦略対話が開かれる。また、今週は六者協議の中国側代表・武大偉が訪米する。更に、21日からは河野海幕長が「西太平洋海軍シンポジウム」に参加するため訪中するという。日中海軍トップ会談が開かれれば2009年以来だそうだ。

それにしても、中国はよくまあ様々な仕掛けを考えだすものだ。個々のイベントに大成功がなくても、これらを積み重ねていく実行力、忍耐力には脱帽する。GDPは日本をちょっと追い越したばかりなのに、彼らが宣伝費・政治工作費に使う資金は半端ではない。人民を犠牲にすれば、あの種の資金が使えるということなのか。今週はこのくらいにしておこう。

 
4月14日 米国3月小売売上高統計発表
14日 米議会予算局、財政赤字見通し発表
14日 エストニア国防大臣、NATO訪問
14日 日中韓三国協力国際フォーラム(ソウル)
14日 EU一般問題理事会(ルクセンブルク)
14-15日 EU外相理事会(ルクセンブルク)
14-15日 EU農水相理事会(ルクセンブルク)
14-15日 国連経済社会理事会、世界銀行、IMF、WTO、国連貿易開発会議との特別ハイレベル会合(ニューヨーク)
14-15日 アゼルバイジャン国防大臣、イラン訪問
14-17日 欧州議会本会議、委員会(ストラスブール)
14-17日 国連障害者権利委員会作業部会第12回セッション(ジュネーヴ)
15日 米国3月消費者物価指数(CPI)発表
15日 米財務省半年次為替政策報告書発表
15日 ブラジル2月月間小売り調査発表
15日 ニュージーランド国税調査発表(文化・アイデンティティーレポート)
15日 ラトビア外相、フィンランド訪問
15日か16日 ロシア第1四半期鉱工業生産統計発表
16日 米地区連銀経済報告発表(ベージュブック)
16日 欧州連合理事会、常駐副代表委員会(Coreper I)、常駐代表委員会(Coreper II)(ブリュッセル)
16日 EU統計局(ユーロスタット)、3月消費者物価指数(CPI)発表
16日 欧州中央銀行(ECB)政策理事会(フランクフルト)
16日 中国第1四半期経済指標(GDP、CPI、固定資産投資、社会消費品小売総額など)発表
17日 アルジェリア大統領選
17日 インド・オディッシャ州議会選挙
17日 ブラジル3月月間雇用調査発表
18日 米国・欧州・香港市場は休場(グッドフライデー祝日)NY為替市場はオープン
18日か21日 ロシア1-2月貿易統計発表
18-27日 ニューヨーク国際自動車ショー
 

【来週の予定】
21-23日 靖国神社春季例大祭
21-23日 南シナ海問題をめぐる中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)高官協議(タイ、パタヤ)
22日 メキシコ3月雇用統計発表
22日か23日 ロシア3月雇用統計発表
23日 メキシコ2月小売・卸売販売指数発表
23-25日 カンボジア大統領、ベラルーシ訪問
24-25日 オバマ大統領、訪日
24-27日 台北国際ギフト・文房具見本市
25日 JR福知山線脱線事故から9年
25日 ロシア中央銀行理事会
26日 中華航空機墜落事故から20年
27日 マケドニア大統領選

(宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

« 外交・安保カレンダー(4月7-13日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(4月21-27日) »

« 外交・安保カレンダー(4月7-13日) | トップページ | 外交・安保カレンダー(4月21-27日) »

アーカイブ