本文へスキップ

研究主幹 岡崎 哲二

img_fellows_okazaki.jpg

岡崎 哲二

東京大学大学院経済学研究科教授
三菱経済研究所兼務研究員
経済産業研究所ファカルティーフェロー
President, International Economic History Association

研究テーマ

研究分野

    経済史・歴史比較制度分析

コラム

岡崎 哲二 その他のコラムをもっと見る

コラム・メディア掲載トップへ

掲載論文・レポート

岡崎 哲二 その他の論文・レポートをもっと見る

論文・レポートトップへ

出版物

出版物トップへ

開催報告

開催報告トップへ

プロフィール

学歴

  • 1981年3月 東京大学経済学部経済学科卒業
  • 1986年3月 経済学博士(東京大学)

職歴

  • 1986年-1989年 東京大学社会科学研究所助手
  • 1989年-1999年 東京大学経済学部助教授
  • 1996年-1997年 Visiting Scholar, Stanford University
  • 1999年- 東京大学大学院経済学研究科教授
  • 2000年- 三菱経済研究所兼務研究員
  • 2001年- 経済産業研究所ファカルティーフェロー
  • 2002年 Visiting Professor, École des Hautes Études en Sciences Sociales
  • 2002年-2003年 Visiting Professor, Stanford University
  • 2012年-2015年 Vice-President, International Economic History Association 
  • 2014年- キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 
  • 2015年- President, International Economic History Association

論文

  • "The Expanding Empire and Spatial Distribution of Economic Activities: The Case of Japan’s Colonization of Korea during the Pre-war Period" (with Kentaro Nakajima) forthcoming in Economic History Review, 2017
  • ”Measuring the extent and implications of corporate political connections in prewar Japan” (with Michiru Sawada) forthcoming in Explorations in Economic History, 2017
  • ”Effects of Industrial Policy on Productivity: The Case of Import Quota Removal during Postwar Japan” (with Kozo Kiyota) forthcoming in Journal of the Japanese and International Economies, 2016
  • “Impact of Natural Disasters on Industrial Agglomeration:The Case of the Great Kanto Earthquake in 1923” (with Asuka Imaizumi and Kaori Ito) Explorations in Economic History, 60:52-68, 2016
  • "Acquisitions, Productivity, and Profitability: Evidence from the Japanese Cotton Spinning Industry" (with Serguey, Braguinsky, Atsushi Ohyama,and Chad Syverson) American Economic Review, 105(7): 2086-2119, 2015
  • “Sources of Productivity Improvement in Industrial Clusters: The Case of the Prewar Japanese Silk-Reeling Industry,” Regional Science and Urban Economics, May 2014, v. 46, pp. 27-41. (with Yutaka Arimoto and Nakajima, Kentaro)
  • “Productivity Change and Mine Dynamics: The Coal Industry in Japan during World War II,” Jahrbuch fuer Wirtschaft Geschichte 2014/2:31-48, 2014
  • “Interbank Networks in Prewar Japan: Structure and Implications,” Industrial and Corporate Change, April: 463-506, 2012 (with Michiru Sawada)
  • “Supplier Networks and Aircraft Production in Wartime Japan” Economic History Review 67(3): 973-994, 2011
  • “The Role of the Government in Facilitating TFP Growth during Japan’s Rapid-growth Era,” in Keijiro Otsuka and Kaliappa Lalirajan eds. Community, Market and State in Development, 2011: 21-44 (with Shuhei Aoki, Julen Esteban-Pretel and Yasuyuki Sawada)
  • “Agrarian Land Tenancy in Prewar Japan,” Developing Economies 48(3): 293-318, 2010 (with Yutaka Arimoto and Masaki Nakabayashi)
  • “Industrial Policy Cuts Two Ways: Evidence from Cotton Spinning Firms in Japan, 1956-1964,” Journal of Law and Economics 53(3): 587-609, 2010 (with Kozo Kiyota)
  • “Micro-aspects of Monetary Policy: Lender of Last Resort and Selection of Banks in Pre-war Japan,” Explorations in Economic History, 44(4): 657-679, 2007
  • Effects of a Bank Consolidation Promotion Policy: Evaluating Bank Law in 1927 Japan,” Financial History Review, 14(1): 29-61, 2007 (with Michiru Sawada)
  • “’Voice’ and ‘Exit’ in Japanese Firms during the Second World War: Sanpo Revisited,” Economic History Review, 59(2):374-395, 2006
  • “The Role of Merchant Coalition in Pre-modern Japanese Economic Development,” Explorations in Economic History, 42: 184-201, 2005
  • “Measuring the Extent and Implications of Director Interlocking in Prewar Japanese Banking Industry,” Journal of Economic History, 65(4), 1082-1115, 2005, (with Michiru Sawada and Kazuki Yokoyama)
  • “Foreign Technology Acquisition Policy and Firm Performance in Japan, 1957-1970: Micro-Aspects of Industrial Policy,” International Journal of Industrial Organization, 23(7-8): 563-586, 2005 (with Kozo Kiyota)

その他

    【寄稿】

  • 「公務員の『質と量』の検討を」『高知新聞』2013年1月6日
  • 「インフレ目標 柔軟さが命」『朝日新聞』2013年2月6日
  • 「日露戦後の教訓」『朝日新聞』2013年3月16日
  • 「産業政策を問う 上」『日本経済新聞』2013年4月1日
  • 「預金者負担の衝撃」『静岡新聞』2013年4月24日
  • 「96条改正論、国の信用を下げる」『朝日新聞』2013年5月10日
  • 「成長戦略」『朝日新聞』2013年6月14日
  • 「『裁判員』は実質的課税」『静岡新聞』2013年6月19日
  • 「『自由化』支えた理念と緩和策」『朝日新聞』2013年8月1日
  • 「人材流出の東京電力 企業体制見直し必至」『中部経済新聞』2013年8月22日
  • 「公債『楽観論』は80年前の轍」『朝日新聞』2013年10月29日
  • 「戦前の秘密保護法」『朝日新聞』2013年12月5日
  • 「景気回復で公債消化に懸念」『朝日新聞』2014年2月4日
  • 「日本の製糸業」『朝日新聞』2014年6月6日
  • 「長期停滞説を考える」下『日本経済新聞』2014年7月16日
  • 「財閥が果たした役割 企業統治と買収で資本市場を活性化」『エコノミスト』2014年8月12日
  • 「円安でも黒字生まぬ経済構造」『朝日新聞』2014年8月26日
  • 「地域開発、バラマキ型の限界」『朝日新聞』2014年10月22日
  • 「戦後日本の財政政策」『ファイナンス』2014年10月
  • 「景気が促す『出口』への移行 日銀による財政補填の恐れ」『ダイヤモンド』2014年12月27日
  • 「経済の歩み:経済大国の成功と苦悩」『日本経済新聞』2015年1月3日
  • 「教育・研究予算の減少を危惧」『朝日新聞』2015年2月13日
  • 「企業の内部留保の実態」『静岡新聞』2015年2月18日