本文へスキップ

研究主幹 岡嵜 久実子

プロフィール

学歴

  • 1984年3月 東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業
  • 1982年9月-1983年8月 北京語言学院留学
  • 1993年1月-1993年12月 香港中文大学留学

職歴

  • 1984年4月 日本銀行入行
  • 1997年5月 香港事務所次長
  • 2001年3月 外務省経済局調査員
  • 2003年3月 日本銀行国際局調査役
  • 2006年4月 米国ランド研究所に派遣(International Visiting Fellow)
  • 2007年10月 日本銀行金融研究所企画役
  • 2011年9月 日本銀行国際局企画役、中国人民銀行上海総部に派遣(2011年10月~2014年8月)
  • 2014年9月 日本銀行国際局企画役
  • 2016年4月 キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹

著作物

  • 巨大化する中国経済と世界(共著、小島麗逸・堀井伸浩[編])、2007年
  • "Macro-financial linkage and financial deepening in China" (with Tomoyuki Fukumoto), Akira Kohsaka ed., Macro-Financial Linkages in the Pacific Region、2015年

論文

  • "Banking System Reform in China: The Challenges to Moving Toward a Market-Oriented Economy,” RAND Corporation Occasional Paper 194(2007年)
  • 「中国農村金融制度改革の現状と課題:銀行業金融機関の再生と三農政策に呼応した取組みの中間評価」『金融研究』第29巻第2号、日本銀行金融研究所(2010年)
  • "Macro-financial Linkage and Financial Deepning in China after the Global Financila Crisis"(with Tomoyuki Fukumoto), IMES Discussion Paper Series No. 2011-E-2(2011年)
  • "The Challenges Confronting the Banking System Reform in China: An Analysis in Light of Japan's Experience of Financial Liberalization”(with Masazumi Hattori and Wataru Takahashi), IMES Discussion Paper Series No. 2011-E-6(2011年)
  • 「中日両国中小企業金融比較研究(中国語)」(共著:馮潤祥等)『上海金融』2012年第12期(2012年)
  • 「日本の資本取引自由化の経験:改革の誘因と効果(中国語)」(共著:福本智之、王凡平)『国際金融の最先端問題研究』中国金融出版社(2014年)
  • "Banking System Reform in China: The Challenges of Improving its Efficiency in Serving the Real Economy", JCER Working Paper AEPR series No. 2016-2-6(2016年)
  • 「“新常態”への適用を目指す中国の金融制度改革」『統計』2017年2月号(第68巻第2号)(2017年)
  • 「中国第13次5ヵ年計画と国有企業改革:金融面の課題」『中国の第13次5ヵ年計画と一帯一路戦略を中心とする対外発展戦略の国際経済への影響』ITI調査研究シリーズ No.44(2017年)

その他

    【寄稿】


  • 「農村金融の新たな試み-農村の資金を農村へ」『日中経協ジャーナル』2009年3月号No.182(2009年)
  • 「国有企業改革と銀行システムの変遷」銀行システムの変遷ーリスク管理の視点がより重要に」『日中経協ジャーナル』2016年8月号 No.271(2016年)