本文へスキップ

研究員 吉岡 明子

160401_yoshioka_photo.jpg

吉岡 明子

中央アジア・コーカサス研究所 理事

研究テーマ

研究分野

    ロシアの極東戦略と日露経済交流

プロフィール

学歴

  • 1994年3月 青山学院大学国際政経学部卒業

職歴

  • 2002年6月-2014年3月 安全保障問題研究会事務局(2007年-事務局長)
  • 2005年4月-2006年12月 東京財団研究員
  • 2007年1月-2014年3月 特定非営利活動法人ユーラシア21研究所常務理事兼主任研究員
  • 2014年4月-2016年2月 衆議院議員政策担当秘書
  • 2016年4月- キヤノングローバル戦略研究所研究員

経歴

  • 1995年9月-1998年6月 モスクワ国立大学大学院研修

著作物

  • 共著 『現代アジア事典』、文眞堂(2009年)
  • 共著 『東京とモスクワ―改善のチャンスは近いのか』、北東アジア研究叢書(2013年7月)

論文

  • 「ロシア中央政府とサハリン州」(笹川平和財団)(2006年7月)
  • 「ロシアの対地方政策と極東における経済活動」(東京財団)(2007年3月)

その他

    【会議・研究会等】


  • 日露会議「第8回サハリン・フォーラム」、日本とサハリン州の人的文化的交流について報告(2005年8月)
  • 日本国際フォーラム第30提言「ロシア国家の本質と求められる日本の対露戦略」におけるタスクフォースメンバー(2008年2月)
  • 国際情勢研究所ロシア研究会メンバー、ロシア極東開発等について報告(2010年4月-2014年3月)
  • 独立行政法人北方領土問題対策協会北方四島交流全国推進協議会委員(2011年4月-2013年3月)