本文へスキップ

2017年1月24日(火)13:00~15:00開催 場所:キヤノングローバル戦略研究所 会議室3

Dmitry Streltsov教授セミナー「日露関係の現状と展望」

 キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)は2017年1月24日に、モスクワ国際関係大学 教授のDmitry Streltsov氏を招き、セミナーを開催しました。

170124_Dmitry_photo.JPG 170124_Kotegawa_photo.JPG 170124_Zenkei_photo.JPG
(左からStreltsov氏、小手川氏)

開催概要
題目:「日露関係の現状と展望」
発表者:Dmitry Streltsov(モスクワ国際関係大学 教授、アジア・アフリカ学科長)
モデレーター:小手川 大助(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)


セミナー概要
日露関係の政治、経済、安全保障分野での状況分析、また12月に行われた日露首脳会談に関すること、ロシアにおける対日外交に関する意見などを紹介する。


プログラム
ProgramPDF:96KB


発表資料
発表資料PDF:1,189KB

講演要旨と質疑応答
講演要旨PDF:357KB
質疑応答PDF:218KB

講演者紹介
Dmitry Streltsov(ドミトリー・ストレリツォフ)
モスクワ国際関係大学教授、アジア・アフリカ学科長
1963年 モスクワ生まれ
1989年 ソ連科学アカデミー東洋学研究所就職、同年同研究所修士号、2003年博士号
2008年 モスクワ国際関係大学就職、現職
2008年 ロシアの日本研究者協会会長
「Sovremennyi yaponskii parlament」(現代日本国会)(Nauka,1994年)
「Vneshnepoliticheskiye prioritety Yaponii v Aziatsko-tihookeanskom regione」(アジア・太平洋地域における日本外交の主要な方針)(Vostochnaya literatura, 2015年)