本文へスキップ

2015年5月7日(木)14:00~17:00開催 場所:新丸ビル コンファレンススクエア902 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル9階

アンドレイ・フルソフ教授 エレーナ・ポノマリョーワ教授 セミナー 「ロシアの視点 & バルカン、カラー革命」

 CIGSはロシアからアンドレイ・フルソフ教授とエレーナ・ポノマリョーワ教授をお招きし5月7日にセミナーを開催しました。
 フルソフ教授からは、ソビエト連邦がなぜ崩壊したのか、ソビエトの社会的特徴や構造的な矛盾点を含めた総合的な観点からの説明がありました。一方、ポノマリョーワ教授は、ウクライナをはじめとしてソ連崩壊後の東ヨーロッパの「カラーレボリューション」について、ロシアからの見方を提示されました。

  • 150507_andrey_photo.JPG 150507_elena_photo.JPG 150507_daisuke_photo.JPG  150507_zentai1_photo.JPG 
    (左からフルソフ氏、ポノマリョーワ氏、小手川氏)

    開催概要
    題目:「ソビエト連邦の危機と崩壊:内的及び外的要素」"The Crisis and Fall of the USSR: Internal and External Factors"
    発表者:アンドレイ・フルソフ(Andrey I. Fursov, Director of the Institute of System-Strategic Studies)
    題目:「バルカン:管理された混乱という形でのカラー レボリューション」"The Balkans: Coloured Revolutions as a form of Managed Chaos"
    発表者:エレーナ・ポノマリョーワ(Elena G. Ponomareva, Professor of Moscow State Institute of International Relations)
    モデレーター:小手川 大助(キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

    プログラム
    プログラムPDF:113KB


    講演者紹介
    アンドレイ・フルソフ(Andrey I. Fursov)
     ・Graduated from Moscow State University (Institute of Asia and Africa Studies)
    Present occupation:
    ロシア科学アカデミー 社会科学情報研究所アジア・アフリカ課長
     ・Director of the Institute of System-Strategic Studies
     ・Head of the Department of Asian and African Studies, Institute of Scientific Information for Social Sciences (INION) of
      the Russian Academy of Science
     ・Acting member, the International Academy of Science (Innsbruck, Austria)

    エレーナ・ポノマリョーワ(Elena G. Ponomareva)
     ・Graduated from Moscow State University (Department of History) in 1990
    Present occupation:
    モスクワ国立国際関係大学教授 比較政治学科長
     ・Professor of Moscow State Institute of International Relations, Chair of Comparative Politics Department
    Main spheres of interest:
     ・1995 PhD dissertation "The Demise of the Yugoslavian Model of Federalism"
     ・2010 Doctor of science dissertation "The Formation of the Statehood at the Post-Yugoslavian Territory"