本文へスキップ

2012年10月10日(水) 14:00-16:00 開催 場所:新丸の内ビルディング9階 コンファレンススクェアRoom 901

CIGS・IMF共催カンファレンス:『アラブ世界の経済見通し-Economic Outlook for Middle East, North Africa, Afghanistan and Pakistan』

2012年10月10日、2010年末から2011年を通じて展開された「アラブの春」と俗称されるアラブ世界における政治変革を受けた中東、北アフリカ、アフガニスタン、パキスタン等の経済情勢や見通しについて、IMFの担当局長による講演、及び日本側有識者を交えたディスカッションを行いました。

121010_conference_photo.jpg   121010_discussin_photo.jpg

プログラムPDF:356KB

挨拶

  • 福井 俊彦 (キヤノングローバル戦略研究所 理事長)
    121010_fukui_photo.jpg

講演

パネルディスカッション

  • パネリスト:
    ・Masood Ahmed(IMF 中東・中央アジア局長)
    ・西沢 利郎 (国際協力銀行 外国審査部長)
    ・香川 剛廣 (外務省中東アフリカ局 審議官)

    モデレーター:
    ・小手川 大助 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

    西沢氏発表資料PDF:279KB

    左からMr. Ahmed、西沢氏、香川氏

    121010_masood_photo2.jpg 121010_nishizawa_photo.jpg 121010_kagawa_photo.jpg  

    小手川氏


    121010_kotegawa_photo.jpg