本文へスキップ

新着情報

  • 2015.08.28

    注釈・戦後70年安倍談話

    宮家 邦彦

    安倍晋三首相の戦後70年談話を出張先のワシントンで米国人の親友と熟読した。以下は彼との一問一答である。 ●(西洋中心の)植民地支配への危機感が日本近代化の原動力となった。日露戦争は多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけた。 ●戦争違法化の潮流に日本も足並みをそろえたが、経済のブロック化で孤立感を深…  全文を読む

  • 2015.08.27

    第十九回PAC政策シミュレーション「戦後70周年 日本の生き様」概要報告と評価

    宮家 邦彦

    1.概要  2015年3月28~29日、当研究所は第19回PAC政策シミュレーション「戦後70周年:日本の生き様」を実施した。戦後70周年を迎えた本年、第二次世界大戦の戦勝国と敗戦国が過去の歴史にどのように向き合い、戦後70年間の世界と日本の歩みをいかに評価し、未来への秩序を展望するかという議論が…  全文を読む

  • 2015.08.14

    CIGS-EASQ 2015 Q2 (April-June 2015) A View on Regional Political-Military Developments

    宮家 邦彦, Tokyo / 辰巳 由紀, D.C. / 神保 謙, Tokyo

    CIGS East Asian Security Quarterly (CIGS-EASQ) A View on Regional Political-Military Developments 2015 Q2 (April-June 2015)  キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の外交・…  全文を読む

  • 2015.08.12

    4世代「断絶」の日本

    宮家 邦彦

     先週再び実家に戻った。7月末の鎌倉は異様に暑い。横須賀線内は若い海水浴客ばかり。周囲40人ほどの大半はスマホに見入り、昔ながらに文庫本を読む人は3人しかいない。改めて自分はもう若くないと痛感した。暑さの中で予定より早く着いたら、何と実家は留守。母は買い物にでも行ったのか。しまった、実家の鍵は持っ…  全文を読む

  • 2015.08.04

    コスト賦課戦略

    神保 謙

     米国の対中戦略をめぐる議論のなかで「コスト賦課戦略」(cost-imposing strategy)という概念が注目されている。特定の国の望ましくない行動に対するコストを賦課することによって、そうした行動を自制させることが、同戦略の目的である。  この典型的な例は、冷戦期のソ連が米国との核兵器や…  全文を読む

  • 2015.07.28

    高校生でも分かる新安保法制

    宮家 邦彦

     先日千葉県で講演した際、ある読者から伺った話。「来年の参院選で投票するかもしれない高校生の娘から、新安保法制がなぜ今必要なのかと聞かれ困っている」。なるほど、確かに説明は難しい。  各国の安保法制は通常「ネガリスト」、すなわち「やってはいけないことを列挙し、それ以外は適宜やるべし」という構造にな…  全文を読む

お知らせ

  • 2015.03.24更新第七期定時評議員会・第十三回理事会合同会議を開催
    しました。
  • 2015.03.19更新「研究領域・テーマ(2015年)」を更新しました。
  • 2014.11.28更新臨時評議員会・第十二回理事会合同会議を開催しました。
  • 2014.03.24更新第六期定時評議員会・第十一回理事会合同会議を開催
    しました。

すべて見る


イベント情報

開催予定イベント情報

イベント情報一覧

開催報告

イベント開催報告一覧

コラム・メディア掲載のご案内

コラム・メディア掲載

論文・レポートのご案内

論文・レポート一覧

出版物のご案内